小顔になりたい

小顔になりたいと思う人ってたくさんいますよね。

いつもファッション雑誌をめくるたび小顔体操などの特集を見かけますし、「小顔」とは日本人の中ではどうも誉め言葉のようですね。

でもちなみにこの前外国人が書いた日本の文化に関する記事を読んだのです。

ですが、その人の話によると「小顔」だということは西洋人にとっては決して誉め言葉ではない、むしろあまり良いことではないと書いていました。

確かに西洋人は元から顔が小さい人が多く、あまり小顔が魅力的とわざわざ思う人がいないのかもしれませんね。

アジア人は顔が西洋人より大きな作りになっていますね。

で、思ったことが一つあるのです。

小顔と聞くと顔の幅を小さくする、つまり顔を細くしてスッキリすると小顔になると言うイメージが強いかもしれませんが、実はそれだけではないのかもしれません。

美容外科のホームページを見ていると、顎を削って小顔にする、という施術がとても人気みたいですが、顎を削るということは顔の長さを短くすることになりますよね。

何も顔の幅を無くすことだけが小顔になるということとは限らないことを今更気づいた私でありました。

確かに、「何頭身」と言うとき、顔の長さを測ってそれを身長と比べますよね。

だとしたら顔が太っていて幅があっても長ささえ控え目であれば8頭身のモデル体型、そして「小顔」と言われるのですね。

私は小顔に憧れたことはとくになく、横幅と縦の幅の割合が自然な顔が良いと思っています。

自分の顔がどうかはちょっとよく分かりません。