北海道が一番よく知られている

冷凍かにをまとめて購入するとかさばることもあり、解凍に手をかけられないこともあるでしょうが、かにをおいしく調理するためには急ぐのは禁物です。

かにを上手に解凍するコツとしてまず行ってほしいのは室内の解凍は厳禁で冷蔵庫で時間をかけて解凍することです。

冷蔵庫の温度が魚介類の解凍には最適なので、しっかり覚えておいてください。

有名なかにの産地を考えてみると、北海道が一番よく知られているでしょう。

まあ、当然といえば当然でしょう。

毛蟹の産地に限っていえば北海道に限られるのが現状だからです。

日本では、その他にも多くの種類のかにがとれます。

そこで日本各地にそれぞれの種類が有名なところも覚えて欲しいものです。

有名なところでは、ズワイガニには松葉ガニというブランドがあるくらい鳥取でたくさんとれますよ。

無理のない価格で美味しいかにを食べたい、贅沢な望みと分かっていても、憧れますよね。

かにを思う存分食べたい、そんな人にはかにの通販がいつでもどこでもインターネットや電話で注文できてお手軽だと話題です。

ス-パーなどで買ったかにを持ち帰るだけで品質が変わることもあるからと言うのもありますが、通販の新鮮で安心な高品質のかにが送られてくるからです。

生鮮食品にとって新鮮であることは何物にも変えがたいものですよね。

加えてスーパーよりもお得な産地価格で、良心的価格実現が多いと言うのですからますますびっくりですね。

オプションで珍しいかにが出回ることもあるそうなので、たまにチェックしてみるのも楽しいですね。

一般的に、かにの身といえば脚肉でしょうが、本当のかに好きは、味噌を味わっています。

味噌でかにを選ぶとすれば、もっぱら毛蟹に尽きるようです。

濃厚な味わいの味噌をすすれば、冬の楽しみにしている方が多いでしょう。

もう少し手頃なお値段でかに味噌を味わいたいなら、ぜひ、ワタリガニの味噌を味わってください。

毛蟹よりは小ぶりですが、独特の味わいを楽しめます。

蟹に解禁日があるって知っていましたか? 蟹というのは季節を問わずいつでも収獲できるわけではありません。

省令によって解禁日が決められています。

漁業の秩序を守り、資源を保護するため、各地域ごとの漁の解禁日が、大体11月頃に決まっており、それから翌年春頃までの期間しか蟹漁はできないという取り決めになっているのです。

毎年、解禁されたばかりの蟹にありつくためには、解禁日の情報に目を光らせておくことをオススメいたします。

厳寒の季節に、暖房のきいた部屋で楽しむといったら、誰が何と言ったってかにの右に出るものはないでしょう。

日本でも指折りのかにの水揚げ量を誇る港から直に送ってもらうのがいいに決まってます。

様々なかにを扱う通信販売では、かにの良し悪しを見分けるのに自分の目が正しいのか分からず不安ですが、悩みがちなかに好きのあなたにだけ、内緒で教えてあげます。

これだけは気をつけたいポイントは以下のもので、それほど難しいものではありません。

産地というのはもちろん、いの一番に考えなくてはいけないものです。

日本全国には、かにで有名なところが色々ありますが、地元で獲れたかにが買えるのが一番ですよね。

次いで、かにが獲れた産地にあるお店で発送を行ってくれるところを探すことです。

最終的には、インターネットを活用して口コミを始めとする参考になりそうなサイトを一回りすれば、よいお店にめぐり合える確率は高いはずです。

蟹には色々な食べ方がありますが、中でも美味しいのはたっぷりのお湯で茹でる茹で蟹、そして蟹鍋を推させてもらいます。

他の調理法も捨てがたいですが、やはりこの二つが群を抜いています。

中には、蟹しゃぶや蟹刺しを推す人もいるかもしれませんが、少しでも鮮度が落ちると、途端に味も悪くなってしまいます。

蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。

それなら多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。

風味に繊細さが感じられなかったり、なんとなく物足りないときは、定番の土佐酢はもちろん、醤油やポン酢など付けるものを工夫すればたちまち美味しくなります。

いよいよシーズン到来! 蟹が美味しい季節です。

至高の蟹に舌鼓を打つべく、国内随一の蟹の名産地である北海道を訪れるのが、今の季節で一番楽しみにしていることなのです。

私が毎年必ず足を運ぶのは、旧知の知り合いが経営する、道南・函館市の蟹料理専門店です。

そこでは、水揚げされたばかりの新鮮な蟹を用いた料理が、これでもかとばかりに出てきます。